ホルモンの商品部位
牛の絵
ご存じのように舌のホルモンです。牛の舌はとても大きいので、
普段外に出ている部分と根本の部分でかなり見た目も違います。
刺身で食べるのは根元、焼くのは先の部分が多いようです。
「舌」の読みが「タン」だと思っている子供がいるくらいですが、
本当は英語の「tongue」です。韓国語ではウソルといいます。
牛のほほの肉のホルモンです。一匹の牛から取れる量が限られているため
大変希少です。
煮込めば煮込むほど旨みが増すので
フランス等で赤ワインで煮込んだ料理が出される事も多いようです。
すき焼きに入れてお酒と共に頂くのがおすすめです。
心臓部分のホルモンです。刺身でも食べられますが焼いても美味しいです。
身の中に脂が少ない割にはうま味も多く、
コリコリした食感が楽しめます。牛肉はココロやハートなどと、
豚のモノはハツと呼ばれます。語源はheart(心臓)が訛ったものです。
第一胃のホルモンです。肉厚で純白に近い白色です。
かなり歯ごたえがあるので包丁で切り込みが入っています。
切り開いた形が蓑笠(みのかさ)に似ていることから
ミノと呼ばれるようになりました。
名前の通りその形状が蜂の巣に似ているのでこう呼ばれるホルモンです。
牛の第二番目の胃袋です。イタリア料理のトリッパやコムタン、
日本でもさまざまな料理(焼肉やユッケ、炒め物など)
に使われます。あっさりして食べやすい内臓肉です。
朝鮮語の千葉(チョニョブ)をそのまま日本語に訳した言葉で。
千葉とは千枚と同意味です。牛の第三胃のホルモンで。
生センマイは掃除しやすくするために湯通ししている店も多いそうです。
また、表面の灰色の部分を湯むきして
「白センマイ」で供される場合もあります。
最近流行のハラミは横隔膜の辺りのホルモンです。
横隔膜の背中側をカクマク、肋骨側の厚い部分をサガリと呼ばれます。
赤身に見えますが内臓肉なので、低カロリーで
サシが少なくヘルシーです。
牛の肝臓のホルモンです。ビタミンや鉄分を多く含みます。
実際に肉食動物が最初に食べるのですから、その栄養はダントツです。
どちらかといえば焼くよりも刺身で食べるほうが多いのでは。
小腸のホルモンです。しま腸より柔らかい部分で、
焼肉よりも煮込み料理や串焼きなどに使われます。
牛よりも豚の方が有名ではないでしょうか。
牛の小腸は「丸腸」としてメニューになっています。
他にもソッチャン・ソチャン・コプチャンとも呼ばれます。
牛の大腸部分のホルモンです。朝鮮語でテッチャンの語源から
そのまま呼ばれる事も多いようです。
一般に「ホルモン」と呼ぶ場合この部分を指すことが多いようです。
焼く時に自分の好みで脂の残し方を調節できるので、
胃にもやさしい一品です。
しっぽ部分のホルモンです。お尻の部分はヒップとも呼ばれています。
テールスープ等に使われている部位です。
よく煮込んで骨髄の部分がゼラチン状にして頂くと、
とても美味しくなります。

ホルモン通販の牛若丸 HOMEへ